メインイメージ画像

先進医療を受けるにはがん保険の先進医療特約が必要

医療でがんを克服する為の方法には、「先進医療」と呼ばれる治療法が有ります。先進医療は、日々成長している医療の中で、効果があるけれど以前健康保険の適用への評価の途中である治療法です。公的な健康保険による補助が受けられない為、かかった費用は全部患者の支払いになります。ですから先進医療の治療を施してもらうためには、非常に高額な治療費が必要となるのです。そういった金銭面での不安を減らしてくれるのが、がん保険の先進医療特約なのです。

イメージ画像

先進医療特約はがん保険に追加できる商品となり、がん治療をするために先進医療が必要とされた際に手厚い保障を受けられます。会社や保険商品によって違いますが月に数百円の掛け金でがん保険に特約をプラスできる場合が多いです。特約が気になる方はご自身が現在契約しているがん保険につけられるかなど、一度確認してみてはいかがでしょうか。保険は実際使われる時が来ないのが、購入者にとっても一番望ましい事ですが、少し掛け金が増えるだけで毎日の安心を得られるのでお勧めしたい商品です。
私ががん保険の購入を思い立ったのは、年齢も40を超えた頃です。がんになる割合が62代くらいから急激に増えるので、それまでにはがん保険を購入しておかなければと思案していました。

30代の頃はまだまだと思っていたのですが、40歳を過ぎると、やはり明らかに若い時とは違うのだと感じる事が多くなりました。体力の減退には逆らえません。ですので、今が私にとってがん保険に入る良い時期なのかと無理無く感じました。現在まで入っていた医療保険に加えがん保険も購入しておけば、万が一の時に慌てず闘病に集中できます。

これから先の事は誰にも知ることは出来ませんが、前もって準備をすることは可能です。がん保険は自身の未来をサポートして、今からの毎日の安心を守ってくれる保険商品のように思えました。多種多様ながん保険が存在していましたが、がんになった際に一番給付金の額が高くなるだろうと予想される診断給付金の部分を特に重視して決断しました。給付回数や給付条件は、がん保険でも会社によって異なるので、前もってきちんと確かめておいて良かったと思いました。

更新情報